キャンピングカー

キャンピングカー メルセデス ベンツ Vクラス 「マルコポーロ」に最新モデル




 

メルセデスベンツのキャンピングカー「マルコポーロ」カッコイイと思いませんか?

 

カッコイイですよね。だってベンツだし。

 

キャンピングカー メルセデスベンツ Vクラス 最新モデル「マルコポーロ」はいくら?

現行モデルは2018年2月から受注開始、846万円~ですが、最新モデルはどうなるでしょう?

 

最新の機能が追加されてきっと価格アップすると予想されます。

 

欧州発売予定の最新モデルの機能を見ていきましょう(^^)

最新モデルのマルコポーロの室内装備はスマホがリモコンに

マルコポーロの最新モデルには、「MBAC」も採用される。

 

MBACは、「メルセデス・ベンツ・アドバンスド・コントロール」の略とのこと。

 

MBACを利用することで、マルコポーロの室内の装備を、スマートフォンを使って操作することが可能になるんです。

 

なんでもスマホ、エライ時代になってきました。そのうちスマホで運転の時代になるのかも・・・

 

例えば、以下がスマホ操作で行えます。

☑ 水タンクの残量のチェック

☑ 補助バッテリーの充電レベルの確認

☑ 冷蔵庫の温度の確認と設定

☑ ヒーターの確認と設定

☑ 電動ポップアップルーフ

☑ サンルーフの開閉

☑ サウンドシステムの制御

☑ 照明の制御など

response

各機能の制御と設定は、Bluetoothベースのスマートフォンアプリで行うことになります。

 

車載のMBUXタッチスクリーン、コックピットのタッチパッドでも操作できます。

 

スマホが絶対ないとダメというわけではないんですね。

 

マルコポーロは最新ディーゼルターボ+9速AT

cobby (写真は現行モデル)

欧州仕様には、新開発の「OM654」型ディーゼルエンジンを搭載となります。

 

直噴2.0リットル(排気量1951cc)直列4気筒ディーゼルターボエンジンは、高出力バージョンです。

 

最大出力は239hp、最大トルクは51kgmを発生する。「オーバートルク」モードでは、最大トルクが54kgmまで引き上げられるとのこと。

トランスミッションは、従来の7速から進化した9速AT「9G-トロニック」を組み合わされます。

 

環境性能は最も優れる仕様で、複合モード燃費が16.4km/リットル、CO2排出量が160g/km。排出ガス性能は、ユーロ6を満たす。

 

2リットルのトルクフルなディーゼルでしかも9速ATとは素晴らしい組み合わせですね。

 

当然燃費も伸びるわけですね。

 

個人的にはこのあたりのディーゼルエンジンのスペックをトヨタハイエースアルファードも見習ってほしいものです。

キャンピングカーアミティ4年目の車検はどこで?ディーラー?車検のコバック米田店は?費用はアルファードより高い?
キャンピングカー アミティ 4年目の車検費用!最安?どこで?車検のコバック

続きを見る

キャンピングカーアミティ アウトドア6つの快適化・グッズまとめ1
キャンピングカー アミティ アウトドア6つの快適化・グッズまとめ

続きを見る

-キャンピングカー

Copyright© tabizukilog , 2020 All Rights Reserved.