アウトドア キャンピングカー

40代サラリーマンパパのキャンピングカー活用法,子育てから秘密基地まで

更新日:

40代サラリーマンパパの
キャンピングカーで子育て

40代といえばサラリーマンとして
中間管理職の立場になったり、
役職が付くなど責任が更に重く
なってきます。


週末に入るころには、疲れがたまってて
土日をフルで旅行に出かけるのは体力的
精神的にも厳しいこともあると思います。
まさにそうでした。

キャンピングカーなら旅行もコンパクトに
自由設計できるし、子供と一緒にすごす
時間も確保できます。

また、母不在で旅行やお出かけした場合、
服の着替え準備など普段は甘えている所も
自分のことは自分でやるようになって、
子育てにも役立ってます。

夏休みの宿題は特にわかりやすいです。
家ではなかなか手をつけませんが、
キャンピングカーで北海道に旅行に行ったら
毎日朝一に宿題をしてから出発という
日課になっています。

特に強制的にさせているわけではないです。
車の中ということで気分的にやる気も
出るんでしょうね。

キャンプもそうですが、キャンピングカーで
旅行に行くとあれこれ言う子育てはしなくても
毎年勝手に育ってくれている感じがあります。

子供の成長って微笑ましいですよね。

キャンピングカーで旅行は
金曜の夜から非日常への出発

基本、土日祝日が休暇の典型的な
サラリーマンです。
小学校や地域のイベントなどで
休日になんらかの予定が入ること
が多々あります。

土曜は空いてるけど日曜は朝9時
から予定があるなど。
こんなとき、
あなたの家ではどうしていますか?
宿泊で出かけたりしますか?
なかなか難しいですよね、

金曜は宿泊するにも時間的にも
遅くて間に合わない、土曜は
チェックアウトが早朝でゆっくり
できない、ゆっくりできないのに
宿代なんてもったいない。
私も以前はそうでした。

ここでキャンカーの出番です、
我が家にキャンカーがやって
きて格段に自由度が増えました。

じゃあ、どうしているか、定番は
金曜の夜出発です、いわゆる時間差
移動です。

キャンピングカーで高速代
節約(ETC深夜料金)

朝には目的地へ到着、ETCの深夜
割引適用、渋滞回避がメリットです。

また、朝出発となると嫁さんの
化粧とかの時間も発生します。
金曜夜出発だとお風呂あがりで
化粧はしませんので朝のような
待ち時間もないんです。

パパが眠らずに運転さえできれば
絶対に前乗り(前日移動)がオススメです。

仕事を定時ダッシュで帰宅して
夜22時ごろにはごはんとお風呂を
済ませて寝る支度が整います。
それに合わせて出発します。

申し訳ないけど嫁さんと子供は
席に座ったまま寝てもらい移動
します。

夜中の2時ごろには目的地(翌日
遊ぶところから30分圏内目標)
近くの道の駅や
サービスエリアに
到着できるのを目処にしています。

キャンピングカーなら朝はバタバタしない

翌朝はパパが一番に起きてまずは
コーヒータイム、その後キッチンで
ご飯を炊きます。

我が家の定番でおかずは子供の
大好きなウインナーかベーコンが
メインになります。

子供はシチュエーションの違いも
あってか、ご飯を飲むように食べます。(笑)

キャンピングカーでテーマパーク
朝一番乗り

8時ごろには食べ終わって子供の国
とかテーマパークには開園前に
到着するようにしてます。
開園後30分くらいは人も少なく
遊びやすいので気分がいいです。

11時くらいになると人も多く
なってくるので移動して少し
早めのランチに行きます。

午後は引き続き遊んだり、
温泉へ行きます。

温泉のあとに晩ごはんの調達か
食事に行きます。
道の駅に併設の温泉や
美味しいレストランがある
ところはもう天国です、
ゆっくりできます。

旅館でいうところの部屋は
食事と温泉を済ませたら
あとは基本寝るだけになり
ます、車という部屋があり
ますから。

ちなみに寝る場所は定位置が
決まってます。
運転席の上のバンク部
(幅1800mm奥行き1420mm)
は嫁さんと長女、そして後方の
2段ベッド(幅1840mm奥行き
670mm)では上段がパパ、
下段が次女にしています。

次女が4才ごろまでは、
バンク部で嫁さんと子供2人の
3人で寝ていました。

次女の寝相が良くないことと
体が大きくなったので
無理になりました。

ダイネット(机と椅子がある
ところ)はスペース空いた
ままです、

家族が寝ている間もコーヒー
ブレイクや読書ができるのが
良いところです。

日曜朝から予定が有る場合は、
日曜の早朝移動で帰着します。

金曜の夜出発(前泊)~
土曜(食べる、遊ぶ)(宿泊)
~日曜早朝移動で帰着

原則予定がなくても午前中
には帰着して午後はゆっくり
おうちで過ごすのが定番です。

前泊含めて2泊しています、
子供からすれば2泊3日の
旅行に出かけた気分で
満足してくれます。

これの更に短縮バージョンは
金曜移動前泊~土曜
(食べる、遊ぶ)移動帰着

正直早朝に出発すれば行ける
近場のところでも朝起きてから
ゆっくりするために前泊
したりします。

子供からしたら泊まりがけで
遊びに行ってるので十分旅行の
感覚です。マジックですね。

キャンピングカーでの
日常生活

ちょっと買い物行くだけでも
不思議とお出かけした気分に
なれます、私の場合は。

日常的にたとえばいつも混んでる
ラーメン屋に行くとき、順番待ち
のボードに名前と車名の欄に
キャンカーと書いて車内で待ちます。

順番になると店員さんが呼びに
来てくれます。それまで本を
読んだり録画しておいた
テレビドラマを見たりして待ちます。

キャンピングカーで
スーパーへお買い物

家族そろってのお買い物、嫁さん
そして娘の女性陣は色々時間を
かけて選んだりと待ち時間が
できることがありませんか?

そんなときは車に戻って読書
したり、少し昼寝をしたりして
退屈することなく時間を過ごせます。

圧倒的に便利です。あっそうそう、
キャンカーは断熱性能がスゴいです、
見た目ではわかりませんが
断熱材が全面に入っているので
車内は乗用車ほど温度上昇も
しませんのでアイドリングは
もちろん不要です。

キャンピングカー
自宅での活用方法

我が家では自分の外部屋
(書斎?)として使っています。

休日とかリビングでは嫁さんと
娘たちが録画していたテレビ
ドラマとかを見ています。

私はあんまりテレビを見ないので
庭のキャンカーでくつろいだり
しています。

キャンカーのそばにワンタッチ
テントやコットを出せば
なんちゃってキャンプ状態です。

田舎ならではですね。
自宅でもよく車中泊していますよ。
キャンカー友達ではカラオケ
マイクを持ち込んでカラオケ
ルームやサックスの楽器練習
ルームにしている方もいますよ。

要するに部屋なんですね、
車ですがそれより移動部屋と
いうほうが近いかと思います。

キャンピングカー
平日の活用方法

ちょっと勉強、読書、
パソコン作業など集中したい
ときはキャンカーで作業をします。

また家で一人の場合は
キャンカーでごはんを
食べたりします、ちょっと
アウトドア気分になり気分
転換になるんです。

冷蔵庫もよく冷えるので
ビールがキンキンに冷えてて
美味しいんです。

パパの秘密基地です、家族に感謝 (^.^)


【期間限定】独自ドメイン1つ無料サービス

-アウトドア, キャンピングカー

Copyright© たびずきろぐ , 2019 All Rights Reserved.