アウトドア キャンピングカー 旅・グルメ

新日本海フェリーで北海道小樽へキャンピングカー車中泊旅のオススメ

更新日:

夏の北海道と言えば涼しくて過ごしやすい、そういうイメージないですか?

その涼しさを求めて、我が家も毎年北海道へ新日本海フェリーを利用して訪れています。

ところが酷暑34度とか大ハズレ(>_<)

2019年も行ってきましたのでオススメスポットとか記事にして備忘録として残しますね。

コンテンツ

なぜ北海道までわざわざキャンピングカーで行くの?オススメは?

夏の北海道は涼しくエアコンなしで眠れる

正確にいうと涼しいイメージがあったからですね。

2018年と2019年は7月末は残念ながら猛暑で30度オーバーでした。

2年とも直前に台風が来た影響で全国気温が上がったのが原因です。

もはや北海道が涼しいなんて幻想に近いかもしれません。。。

「エアコンなしでもなんとか眠ることが出来た」が正直な感想です。

夏の北海道は美味しいものがたくさんあるから

食べたいものが豊富で楽しみだらけです。

イクラ、ウニ、カニ、サーモン、ホタテなど海鮮ものが新鮮な状態でお手頃な価格で食べることが出来ます。

特に子供もサーモンとホタテが大好きですね。

北海道は道路も走りやすくとにかく景色が素晴らしい、自然とも触れ合えるから

街中から少し外れると車の交通量も少なく、道幅も比較的広くて走りやすいです。

走りやすいのでスピード違反のネズミ取りに注意ですが。

景色が雄大で素晴らしい、ちょっと異国に来たかのような錯覚を覚えます。

普通に走っててキツネや鹿と遭遇するのは北海道ならではですね。

北海道じゃなきゃいけないの?

そんなことないです、大学生時代から自動車やオートバイで訪れてるということもあり北海道に思い入れがあるんです。

なぜ新日本海フェリーで北海道へ行ったの?

船内でのんびり過ごしている間に北海道は運んでくれるからです。

たまには、朝からビールを飲みたい。

そんな願望も実現出来ちゃいます。(笑)

地図を眺めて旅ルートの妄想にふけっている時間が至福ですね。

自走で青森まで行く選択肢もありますが1500kmを運転する勇気はありません。

費用的にも劇的に安くなるというわけでも無いですし。

我が家は、兵庫県在住なので京都の舞鶴港から新日本海フェリーに乗ります。

詳細は別記事にしようと思いますが、「新日本海フェリー」楽しいです。

嫁さんも小学生の娘2人も満喫してましたよ。

新日本海フェリーの航路、スケジュール

舞鶴~小樽、敦賀~苫小牧、新潟~小樽、秋田~苫小牧があります。

我が家の場合は、舞鶴~小樽になります。

舞鶴 23:50発 ⇒ 小樽 翌日20:45着
小樽 23:30発 ⇒ 舞鶴 翌日21:15着

フェリーで何をしてるの?退屈じゃない?

正直、退屈とか無かったです。結構あっという間でしたね。

というのも、イベント等があるからです。

新日本海フェリーさんも良く考えて企画されてますね。

クイズラリー、ビンゴ大会、バルーンアートショー、映画上映会などです。

夏の北海道キャンピングカーでどこへ行って何をしたの?オススメは?

1日目:新日本海フェリーで舞鶴~小樽へ

オススメ:新日本海フェリー 「似顔絵師たらちゃん」 @hatohatohabu1のバルーンアートショー、そしてカワイイ似顔絵を書いてもらいました。いきなりステキな思い出が出来ました。

2日目:いよいよ北海道 小樽上陸、「道の駅 三笠」へ

オススメ:「道の駅 三笠」温泉・レストラン・セブンイレブン併設

レストランの料理がボリューム満点でコスパ良し、休憩処もあってゆっくり過ごせます。

3日目:富良野で「ファーム富田」ラベンダー観光、オホーツク方面「道の駅 かみゆうべつ温泉チューリップの湯」へ

オススメ:「道の駅 かみゆうべつ温泉チューリップの湯」温泉・レストラン併設

レストランの料理が美味しい、瓶ビールがなんと400円、湯上りに最高です。

4日目:「道の駅 紋別のオホーツク流氷科学センター」、そして猛暑から逃げて日本海側「道の駅 風Wとままえ」へ

紋別33度から逃げ出して「道の駅 風Wとままえ」では、25度でした。約200km頑張って移動したことで肌寒いくらいの快適な夜を過ごせました。

オススメ:「道の駅 紋別のオホーツク流氷科学センター」マイナス20度いわゆる冷凍庫の世界を体験できます、是非一度は体験しておくと良いですね。身体がイタくなってきます(笑)

「道の駅 風Wとままえ」温泉・レストラン・宿泊施設も有り。温泉が湯冷めしにくい泉質です。足湯から見る日本海の水平線と夕日が格別です、一度見たら記憶にずっと残っています。

5日目:「旭山動物園」へ、そして「道の駅 ひがしかわ道草館」

オススメ:「旭山動物園」動物たちを魅せる演出、生きてる感が見れて大人も子供も関係なく楽しめます。4年連続で行ってますが、飽きることなし。

6日目:富良野「カンパーナ六花亭」でお土産、「富良野トレッキングサポート遊馬」で乗馬、再び「道の駅 三笠」へ

オススメ:「富良野トレッキングサポート遊馬」急遽、前日の夕方に電話予約してお願いしました。嫁さんと次女が約1時間の乗馬を満喫していました。長女は、休憩スペースで「ジョーバ」に乗って遊んでました。(笑)

7日目:「小樽オルゴール堂 手作り体験 游工房」、余市「すしガーデンハウス」そして小樽フェリーへ

オススメ:小学校の夏休み課題の工作として、オルゴール工作をしました。これで観光ついでに宿題がひとつ片付きます。

他にもガラス細工と万華鏡工作も見かけました。

北海道の旅 道の駅は車中泊禁止?長期滞在防止対策に道の駅「摩周温泉」で駐車場有料化も

今回、利用させていただいた道の駅では「車中泊禁止」を掲示されているところはありませんでした。

ありがたく利用させていただきました。施設運営者様に感謝です。

ただ、あくまでも道の駅の運営者側からは、仮眠はOKだけど宿泊はNGというスタンスです。

長期滞在や一部のマナーが悪い利用者が存在しているのも事実です。

ゴミを捨てていく、老夫婦とか見かけて注意したいですが、小心者なので逆ギレが怖くて出来ません。

「道の駅 摩周温泉」では、8/5から一部の駐車場を有料化する試みを実施するとのことです。

マナー違反を牽制することへの一歩にはなると思います。

参考記事
北海道の「道の駅」で車中泊対策に駐車場を有料化

まとめ 新日本海フェリーで行く夏の北海道キャンピングカー車中泊旅

今年の北海道は例年になく、暑い日が続きました。毎年、言ってます。

以前は朝一は暖房をつけて走った記憶が懐かしいです。

結果、フェリーがずっと涼しく、次女と嫁さんにとってはフェリー旅が始めてだったので大絶賛でしたね。

フェリーという「動くホテル」で移動、キャンピングカーという「走る部屋」で移動と宿泊、家族とずっといっしょで貴重な1週間を過ごせました。

道内、5泊しましたがキャンピングカーに宿泊なので宿泊代ゼロです。

4人家族でビジネスホテル宿泊として10万円はくだらないでしょう。

キャンピングカーは旅の最高ツールですね。

画像のみダイジェストとして
youtubeにアップしています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

道の駅を利用の際は、マナーを守りましょう

道の駅では、今後も気持ちよく利用させていただくためにもマナーを守って利用させていただきましょう。

道の駅 マナー10箇条

1.長期滞在を行わない
2.キャンプ行為を行わない
3.許可なく公共の電源を使用しない
4.ゴミの不当投棄はしない
5.トイレ処理は控える
6.グレータンクの排水は行わない
7.発電機の使用には注意を払う
8.オフ会の待ち合わせは慎重に
9.車椅子マークの所に駐車しない
10.無駄なアイドリングをしない

引用元:日本RV協会

楽天市場で関連する本を探す

楽天モバイルを楽天カードで支払うとポイントアップ楽天市場でキラキラ

-アウトドア, キャンピングカー, 旅・グルメ

Copyright© たびずきろぐ , 2019 All Rights Reserved.