日常

ながら運転 罰則強化 赤信号の停止中スマホ操作は違反? 2件調査




 

スマホなどを使用しながら自動車を運転する「ながら運転」について、2019年12月1日より罰則強化されました。

 

警視庁の条文を読んでみましたが、ホント読みづらいですね。もう少し、簡単に理解できる日本語で書いて欲しいと感じるのは私だけでしょうか?

 

今回は、「ながら運転」の罰則強化について、個人的に気になる部分を調べてみました。

 

(違反点数や罰金については、警視庁サイトにも記載されていますので本記事では一部のみ記載しています)

 

1.赤信号の停止中も違反対象か?

自動車が停止しているときを除き」と記載があります。よって、赤信号の停止中はセーフとなります。

 

とはいえ、少しでも動いたらアウトです。タイミング次第で警察と揉め事になることもありえますので停止中でもスマホを触るのは絶対にやめておきましょう

 

2.緊急時に通話等をすることも違反対象か?

緊急やむを得ずに行うものを除く」と記載があります。

 

よって、傷病者がいる、あおり運転等で危険にされされている場合などの緊急の場合は、違反対象にはなりません。

 

警視庁の条文抜粋>

第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百十八条第一項第三号の二において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。同号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百十八条第一項第三号の二において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

警視庁ホームページ

 

具体的に違反対象となる行動

✔ 運転しながらのスマホ操作

✔ ナビなど「注視(2秒間が目安)」しながらの操作

✔ 赤信号中、完全停止してないときにスマホを注視もグレー

 

まとめ:ながら運転 罰則強化 赤信号の停止中もスマホ操作NG?

「ながら運転」について、具体的にどのように取締りされるのかわかりません。

 

安全のためにも、運転中に「スマホを持たない」「画面類を注視しない」を必ず守りましょう。

 

また、家族や仲間と出かける際にドライバーが「スマホを持たないよう注意してあげる」、「画面を注視しなくても良いようナビを見て教えてあげる」など協力するといいですね。

 

 

 

<違反点数、反則金>

携帯電話使用等(保持)違反

1点→3点

 

携帯電話使用等(保持)反則金

・大型車:7000円→2万5000円
・普通車:6000円→1万8000円
・二輪車:6000円→1万5000円
・原付車:5000円→1万2000円

 

携帯電話使用等(交通の危険)違反点数

2点→6点(免許停止)

交通事故を起こしたら、人身事故等でない場合でも即免停になります。

 

 

おすすめ記事

年末年始、無料で映画「ペット2」を見るたった1つの方法【裏技あり】

-日常

Copyright© tabizukilog ~たびずきろぐ~ , 2020 All Rights Reserved.