アウトドア キャンピングカー 旅・グルメ

北海道車中泊キャンピングカーの旅7 道の駅三笠⇒余市、小樽フェリー

投稿日:2019-08-14 更新日:

7日目 2019-8/2(金)「道の駅 三笠」で起床

早朝6時頃で22度、湿度は80%で今回最低温度でした。

夜も快適に就寝することが出来ました。

7日目は、三笠~小樽~余市~小樽フェリーターミナルへ移動します。

子供の夏休みの宿題をひとつ片付けます!!

7日目 北海道車中泊キャンピングカーの旅 ルートとテーマ

1.小樽へ移動して、「オルゴール堂」や「六花亭」などでお土産を買う。

2.オルゴール工作ガラス細工夏休みの工作を片付ける。

3.余市で「ファミリー寿司ガーデンハウス」にて三色丼を食べる。

4.余市で天然かけ流し「鶴亀温泉」で入浴する。

5.新日本海フェリー 小樽フェリーターミナルへ移動する。

6.小樽で新日本海フェリーに乗船。

道の駅三笠⇒とうべつ⇒小樽オルゴール堂へ

11時頃には「小樽オルゴール堂」へ到着したいので9時頃に出発する。

まずは朝一に宿題(笑)

出発まで1時間ほど時間があるのと、涼しかったので今回の旅で初めて自炊をする。

お気に入りのユニフレームのライスクッカーでご飯を炊きます。

ユニフレームのライスクッカーだと失敗知らずで数年活躍してくれてます。

子供からのリクエストでベーコンを焼く。

ベーコンの塩分でご飯がすすみますね。

あっという間にご飯が空っぽに。(笑)

初日からずっと次女にリクエストされてましたが、ようやく達成出来ました。

キャンカーで調理してみんなで食べると格別ですね。

食後の片付けをして出発!!


ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX 660089

途中で「道の駅とうべつ」にてトイレ休憩

北欧の風 道の駅とうべつ」は2017年にオープンしてまだ新しいです。

トイレは子供用の小さな便器も準備されてました

さすが新しい道の駅という感じですね。

また駐車場が比較的水平なので仮眠する場合でも気にならないレベルでしたね。

小樽 オルゴール堂、六花亭などを散策

オルゴール堂ガラス工房六花亭北一硝子などに寄りながら土産物を買っていく。

日差しで目と肌が焼けるように熱く、屋外を歩くのがツラいくらいの晴天。

小樽大正硝子館でのガラス製作体験(夏休み課題)

ガラス細工をして、夏休みの工作にしようかと考えてたので行ってみました。

オルゴール堂から徒歩10分程度で到着、暑さのため、この10分が体にキツい。

30分ほど待ち時間が発生することと、工作後に接着剤等が固まるまでの30分ほど待ち時間が発生するとのこと。

時間が押し気味なので今回は断念することにしました。

オルゴール堂のそばの「遊工房」であれば、待ち時間の間にオルゴール堂やお土産屋さんに寄って時間調整できます。

オルゴール堂から徒歩10分程度離れているロケーションでクソ暑いなか往復するのが体力的にも時間的にも厳しく、残り時間的にも効率的では無いと判断したためです。

ガラス細工をされるなら、一番に工作をしてそれからお土産屋巡りをされるのが上手な時間の使い方かと思います。

次に行ったときには、ガラス細工からやります。(^O^)

値段も1000円台からでリーズナブルなので次は挑戦してみたいですね。

吹き硝子体験もやっていましたが、やっている人たちからは、「熱い熱い」の悲鳴ばっかり聞こえました。

そりゃ熱いでしょう。やっている人の勇気に賞賛です。(^-^)

遊工房でオリジナルオルゴールを工作(夏休み課題)

オルゴール堂近くの「遊工房」にてオルゴール工作をすることにしました。

去年も来たけどね。

オルゴール工作は、1人当たり3000円以上は見込んでおく必要があります。

装飾に使用するガラス細工の選び方次第で値段が全く違ってきますよ。

今回は、2人分でセーブして7500円オーバーでした。

今回は娘2人が小学校の宿題で利用、2人とも夢中になって作り上げてました。

普段「ぼーっ」としてるけど、集中し始めたらホントスゴいと思います。

出来上がって、接着剤の固まるのに30分待ち、その間に再びお土産屋さんへ。

30分後に出来上がりを受け取って、余市へ移動です。

余市へ移動、ファミリーすしガーデンハウスへ

昼食をまともに食べるタイミングがなく、コンビニおにぎりだけで済ませたので早々に夕食へ。

17時前に入店、昨年も来たけど、再び三色丼(1450円)が食べたくて再訪することにしました。

お店の名前通りというかアットホームな感じのお店です。

イクラのプチプチとマグロの旨みが特に美味しくいただけました。

でも子供達はあまり食べなかった。。。

サーモンとかなら炙りが好きなので上品すぎて食が進まなかったのかも。

子供と行く時は回転寿司とかが一番良さそう(笑)

余市 鶴亀温泉で入浴

源泉かけ流しの毎年来ている温泉です。

露天風呂から日本海を眺められるところがお気に入りです。

温泉の泉質(お湯の色)は関西では有馬温泉のような土色です。

海水浴シーズンで少し床が砂っぽかったですね。

入浴後の休憩処はエアコンが効いてなかったのか暑かったです。

屋外の方が風があって涼しかった・・・。

食堂があって、海鮮系も扱われてます。

ホームページ情報ですが、宿泊も素泊まり5800円~、夕食付きでプラス1500円のようです。

大人の温泉代700円を差し引くと約5000円で素泊まり出来るんですね。

鶴亀丼」という名物の海鮮丼もあって、入浴料とセットで販売されてます。

個人的には、アワビ以外の海鮮が希望ですが。

また、暑くない時に食堂を利用してみたいと考えてます。

入浴料
大人 700円
子供 300円小学生以上

 

小樽フェリーターミナルへ

今回の旅、最後のセイコーマート。

翌日の朝食、メロンソフトなど買い出しをしてフェリーターミナルへ移動。

往路よりも車とバイクの台数が2倍くらいに増えた気がする。

まとめ 小樽、余市観光⇒再び新日本海フェリーへ

 

あっという間の道内5泊6日の旅でした。

過ぎ去った台風のおかげで昨年同様に酷暑の北海道を味わうことになってしまった。

家族4人揃っての初めての北海道、嫁さんの脳には、「北海道は暑い」とインプットされてしまった。。。

でも、今晩は涼しい風が吹いており心地良いので良しとしよう。

オルゴール工作で夏休みの宿題がひとつ片付いてホッとしました。

 

6日目へ

8日目へ

 

楽天モバイルを楽天カードで支払うとポイントアップ楽天市場でキラキラ

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たびずき

サラリーマンパパで旅好きキャンパーです。ゼロからのブログ構築、ブログ失敗談、キャンピングカー、アウトドアなどをメインに雑記ブログ始めました。5月にアドセンス合格、PV数は僅かですがよろしくお願いしますm(_ _)m

-アウトドア, キャンピングカー, 旅・グルメ

Copyright© たびずきろぐ , 2019 All Rights Reserved.